【真っ白な月】

アクセスカウンタ

zoom RSS 未来予想図

<<   作成日時 : 2009/05/17 22:53   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

その昔、サッカーのワールドカップが日本と韓国で開催されたことがありまして。
僕の地元でもその予選が行われたのですが、そりゃあ厳重な警備があったもんです。
街中を歩けば十数メートルおきに警官が立っているような状況でした。

何をそんなに警戒してたかって、フーリガンってやつですね。
ワールドカップが大きい大会だからってのもありますが、その上僕の地元ではアルゼンチンvsイングランド戦がありましたから。

この二国、どちらもサッカーの強豪ってだけでなく、80年代にはフォークランド紛争もあったりして、とにかく仲が悪いわけです。
そんな国同士の試合が、ワールドカップの大舞台でぶつかるってんですから、そりゃあ警備も厳重になるってもんです。

で、結果からいうと、大きな混乱はありませんでした。
状況からいうと、何が起きたって不思議じゃない組合せだったのに、です。
これは、本当に凄いことだと思ったもんでした。
さすが日本は安全だな、と。

ところが。
その試合から少しあと、地元ローカルのテレビ番組でとある馬鹿たれがのたまったのです。
「結局何もなかったわけだし、あんなに厳重に警備しなくても良かったんじゃないか」と。
冗談めかした言い方ではなく、淡々とお上を批判するような口調でした。
いやもう、煮えくりかえりましたね。

そりゃあ確かに物々しい警備でしたよ。
警官がそこかしこに立っていて、息苦しい雰囲気でもありました。
けれども、無事に終わったわけです。

もしかしたら、警官の数が半分だったとしても何も起こらなかったかもしれません。
そういう意味ではやりすぎだった可能性も考えられなくはないです。
が、そんなことは終わってみないとわからないわけですよ。
それを後からこんなふうに言うなんて、下劣です。

事が収まってからなら、なんとでも言えます。
言えますが、それはあくまで結果論です。
先のことなんて誰にもわからない以上、結果として警戒しすぎだったなんて批判は無意味です。

なにごとも起こらないのが、いちばんなんですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
未来予想図 【真っ白な月】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる